ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPicks Book)

ジャンプ




 

田端信太郎氏のベストセラー本『ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 』。ご存知の方も多いと思いますが、せっかくなので紹介させていただきます。本書はビジネス書であり、自己啓発書でもあります。今日多くの自己啓発本が出版されていますが、本書はスーパーサラリーマンである田端信太郎氏らしく、これまでの経歴などから、批判覚悟の強気発言満載で、ズバズバと切り捨てていてスッキリした読みやすい内容になっています。

『ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言』の内容を一部引用し、レビューや感想をまとめていきます。最初にネタバレを含みますので、ご了承ください。さらに、『ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言』を読み終わった方におすすめな書籍を紹介します。

 

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPicks Book) 田端信太郎

個人の時代が到来し、もはや大企業の看板では生き残ることができなくなった。これからは会社の名前より自分の名前が強い人が勝つ時代。
いかに自分の名前をブランド化するか、日本一のスーパーサラリーマンが徹底的に伝授する。

目次
はじめに 真面目に働くのをやめましょう

第1章 仕事とは何か
・辛い仕事ほど給料が安く、楽しい仕事ほど給料が高い
・誰にでも出来る仕事をするな
・生産性ってしってますか?
・さらば昔のサラリーマン
・これからは「最強サラリーマン」の時代
・くだらないことをやめる
・カネではなく価値を稼ぐために働く
・個人の名前で仕事をもらえ
・選ぶべき会社、選ぶべき仕事
・働いたら負けだと思っている

第2章 マーケットにさらされろ
・市場を意識しろ
・株、仮想通貨、なんでもまずやってみろ
・リア充たれ
・今からこの水を売って来い
・あなたはいくら給料が欲しいのか
・就職面接では何を語るべきか
・市場を観察する。きめ細かく。
・一所懸命ではなく自分はどこで輝くのか見極めろ
・そのサービス、その商品は何のためにあるか
・商売の基本は相手を想像しきること

第3章 発信者たれ
・フォロワー1000人いかないやつは終わっている
・全発信者時代の意味
・フォロワー数があなたの価値だ
・誰もやっていないことを探せているか?
・評価経済の勝ち組と負け組み
・会社人が個人で発言する意味
・会社に怒られてもへっちゃらだ
・炎上しない奴は燃えないゴミだ

第4章 伝説的なプロジェクトを作れ
・倒産寸前の会社、二部リーグの組織へ行け
・会社にどれだけ大損をさせられるかがあなたの価値だ
・サラリーマンほどリスクを背負える立場はない
・会社の名前ではなくプロジェクトの名前で自らを語れ
・君は目の前のプロジェクトにワクワクしているか?
・LINEから●●にうつった理由

Amazon.co.jp

 

著者情報

田端信太郎とは

慶應義塾大卒後、
・リクルートにてフリーペーパー『R25』を創刊
・旧ライブドアのメディア事業責任者
・『VOGUE』『GQ JAPAN』『WIRED』のデジタル事業を担当
・LINE(ライン)」の常務執行役員
・現在、スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)でコミュニケーションデザイン室長

これまで数々の名だたる企業から引き抜かれてこれまで渡り歩いた、エリート中のエリートです。
本書を読んでいただくとわかると思うが、過激な発言が多く、度々Twitterが炎上している。
自身が塾長を務めるオンラインサロン「田端塾」を運営している。
安全に異色なスーパーサラリーマンである。

 

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPicks Book) 感想レビュー

会社の奴隷解放宣言

最近、政府が副業を推奨したことで話題になりましたよね。もう従来のように新卒で入社して、終身雇用の時代は終わりました。政府が主導しているので、今後この流れは加速するでしょう。アメリカが独立したように、会社の奴隷から解放されて、ブランド人になろうというものです。今日この日に奴隷から解放されることを宣言しましょう。

「奴隷の幸福」という言葉がある。  強制的に、有無を言わさず働かされる奴隷は、不幸なように見えるけれど、自分の頭で何をするべきか考える必要がないので、人はそこに安心を見つけ、幸せを感じる。

 

ブランド人の仕事とは

ブランド人の道はお客様とともにあるのです。今自分がやっている仕事について考えてみよう。直接誰かの役に立っていますか?

シンプルにまとめるならば、仕事のあるべき姿は「お客様に喜びを与えること」「他人の役に立つこと」だ。

一言で言えば、「お客様を喜ばせること」、それだけがブランド人の仕事だ。

夜寝る前に、「今日1日の自分の仕事は、誰を喜ばせたのか? 誰の役に立ったのか? 誰から感謝されたのか?」

 

どうすれば人は喜んでくれるのだろうか

どうすれば人が喜ぶか、これを追求していく先に、新しいサービスが生まれたりします。お金にとらわれず、他人を幸せにすることを考えましょう。生活の悩みを解決していくうちにブランドが形成され、あとからお金が発生します。

「どうすれば人が喜んでくれるだろう」と知恵をめぐらせ、相手の立場に立って想像力を働かせれば、喜びのリターンに応じて君の仕事の価値は上がっていくのだ。  ブランド人たるもの、「カネを稼ぐ」という自分本位の目的など捨て、「他人の幸せ」を考えなければならないのだ。それができたときにカネは勝手についてくる。

 

とにかく量をこなせ。量が質を生む

プロブロガーで有名なイケダハヤト氏も、とにかく量が大事だと言っています。「#ブログ書け」と口癖のように言っていますね。
僕もこの考えに賛成ですね。いきなり、質を求めるのは難しい話です。量をこなしながら進む中で、試行錯誤を繰り返したのちに良いものができるはずです。つまり、行動しながら考えましょう。ほとんどの人は量をたくさんこなす前に、成果が出なくてやめてしまいます。何かにとことんハマってやり尽くしましょう。

他人が喜んで銭を払ってくれるようなレベルにまで、仕事の本質を高めるためには、圧倒的な量をやりきる時期が絶対に必要だ。  量をこなさない人間が、ブランド人になることは絶対にない。  量は質に転化する。

「圧倒的努力で、大量の仕事をこなす」。これしか、ブランド人の階段を登り続けるための体力はつかない。

 

売上よりもインパクトを残せ

目の前の小さな利益を追求するよりも、何か伝説に残るようなことをしよう。仮に失敗したとしても殺されるわけではない。打ち首や切腹なんかは、当の昔の話だ。せいぜい酷くて会社をクビになるぐらいだろう。あなたにブランド力があれば、すぐに再就職先は決まるはずです。何も恐れず、多くの人の記憶に残るようなことやり遂げよう。成功すれば、利益はあとからついてくるだろう。

ブランド人になりたければ、社内での人事評価ではなく、社外へ向けて、圧倒的なインパクトを残すことを最も重視するべきだ。仕事をするにあたって、途中プロセスである社内評価ではなく、社外においてインパクトと爪痕を残すことをより重視することがブランド人の基本態度だ。

 

「優秀な人」より「面白い人」のほうが強い

これからの時代には、学歴がほとんど関係なくなると言われている。では何が必要かというと、本書でタイトルでもある「ブランド力」です。テストの成績が良い優秀な人はたくさんいるが、面白い人というのはなかなかいない。それくらい希少価値が高いのです。何もお笑い芸人になれということではないはずです。面白い人を目指しましょう。安定なんかクソくらえですよ。リスクを冒しましょう。

人はどうなるのかわからない予測不能なことにワクワクする。どんなに優秀であっても予定調和で予測可能の安定した人生を送っている限りブランド人への道は拓けないのだ。安く定まると書いて安定と読む。  正しいよりも楽しい道を、賢いよりもおもしろい道を選び取れ!

 

フォロワー1000人を超えない人間は終わっている

かなり過激な発言で炎上しそうな内容ですが、言っていることは正しいと思います。フォロワー数があなたの価値がどれくらいかを客観的に表した数字ともいえるでしょう。あくまで目安なので、フォロワー数が全てではないですよ。ただ、この影響力というものは、これからを生きる上で、ぜひ身につけてほしいものです。また、ブランド人には必要不可欠です。

さあ早速始めてみたはいいが、ツイッターのフォロワー数が伸び悩んでいるのではないだろうか?
いつまで経ってもフォロワー1000人を超えない人には、はっきり言ってブランド人としての素質はない。
ツイッターを半年使ってみてフォロワーが500人や600人で伸び悩んでいるようであれば諦めたほうがいいだろう。

 

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 の読者におすすめの書籍

マンガ ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPicks Comic)

リクルート、ライブドア、LINE、ZOZO……
最先端企業に引き抜かれ続けるスーパーサラリーマン・田端信太郎が明かす
「己の名を上げる仕事術」!!

【ストーリー】

「わたしたち、入れ替わってる――!!?」

靴メーカーの下請け企業で働くOL・空野有紀は、
代わり映えのしない仕事をこなす毎日を過ごしていた。
そんなある日、ZOZOのスーパーサラリーマン・田端信太郎と
カラダが入れ替わってしまった彼女は
「ブランド人」として生きることになってしまい――!!?

・ドMからドSへ
・武士は打ち首。サラリーマンはノーリスク
・売り上げよりもインパクト
・ツイッターをやれ! 名刺を捨てろ
・カネではなくパッションだ
・君はパンツを脱げるかい?

ビジネス書の最強ブランド
「NewsPicks Book」、その大ヒット作を衝撃のコミカライズ!!

Amazon.co.jp

 

死ぬこと以外かすり傷

NewsPicks Book編集長 箕輪厚介の初の著書。
ベストセラー連発! わずか1年で100万部突破!
天才編集者の革命的仕事術がここに明かされる!

堀江貴文『多動力』、落合陽一『日本再興戦略』、
佐藤航陽『お金2.0』、前田裕二『人生の勝算』など、
最前線で戦う起業家の著書を次々に
ベストセラーにしてきたその「剛腕」の秘密。

幻冬舎に身を置きながらも
月給の20倍もの収益を副業で稼ぎだす方法。

オンラインサロン「箕輪編集室」を主宰し
1300名を集め、さまざまなイベントや
プロモーションで「熱狂」を生み出していく手法。

本書では新時代の哲学を体現する箕輪氏の「働き方」を、
32の項目として立てて紹介する。

「箕輪君は今一番早い。
1週間単位で成長している。
多動力を使えば成り上がれることを
彼は証明した」堀江貴文

「熱量の高いバカなテンションを
潰す世界にしてはいけない。
この本はリスクを取るバカを
増やしてくれる」落合陽一

【著者からのメッセージ】
生き方、働き方、商売の仕方。
今後5年で、すべてのルールが変わる。
今までのやり方を捨て、変化に対応できる者だけが勝つ。
無知こそ武器だ。バカになって飛べ!
こっちの世界に来て、革命を起こそう。

Amazon.co.jp

 

まとめ

以上、おすすめの書籍、田端信太郎氏の『ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 』について紹介しました。いかがだったでしょうか。この記事でまとめた内容は、本書のごく一部ですので、気になった方はぜひ読んでみてください。すでに読み終わっている方はこの記事をみて、さらに知見を深めていただければ幸いです。マンガ版『ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 』やこの本の書籍の編集もしているNewsPicks Book編集長を務める箕輪厚介氏の『死ぬこと以外かすり傷』もおすすめです。