あなたは繊細な人ですか?【「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本】

繊細さん





もしかしたら繊細な人かもしれない方へ。

細かいことに気がつきすぎていつも疲れる。
この世の中がなんとなく生きづらい。


そんな悩みを抱えていませんか?
無理に直そうと矯正する必要はありません。

おすすめの本と一緒に本記事では下記の内容を解説します。


■ もくじ

1.  「繊細な人」とは

2.  繊細な人ほど、要注意


この記事を書いている僕はA型、内向的、うつ病経験あり
そして、繊細さんでもあります。
ですから、記事の信頼性担保に繋がると思います。

■ 1、 アフィリエイトのアクセス解析方法

□1−1.  気を使いすぎる

忙しい



繊細さんに当てはまる人として「気を使いすぎる」と言うのがあります。
細かいことに気を使いすぎる人いますよね。

僕もそのうちに一人なんですが(笑)どうでもいいことに気がついちゃうんですよね。
例えば、足音がうるさいとか、声のトーンがいつもより低いとか、そう言った感覚から機嫌が悪いのかな、とか考えてしまうのです。

日本では、おもてなしの精神とかよく言われますが、僕個人的には、やりすぎるのも良くないと思っています。
嫌な思いをしないようにすることが重要だと考えます。

つまり、よくあるマニュアルはほどほどにすべきで、その人それぞれに合わせた態度で接するべきです。
ただそれは難しいので、これは極論ですが、「自分は自分、他人は他人だ」と言うことです。
どういうことかと言うと、基本は分かり合えないのです。だってよく考えてみてください。血の繋がっている家族でさえ、分かり合えないですよね。

「適当に生きろ」なんて言う人もいますが、やめてください。繊細さんは、無理に自分を変える必要はありません。
大事な個性なので十分に活かせる方法に舵を取りましょう。


□1−2.  人よりも疲れる

満員電車



もうひとつ繊細さんによく当てはまるのが、「人よりも疲れる」と言う点です。

同じ1日を過ごしても疲れることありませんか?
先ほどの気を使いすぎることも理由に挙げられますが、神経質であるがゆえに、人よりもストレスを感じやすいのです。

内向的な人が多いのではないかと個人的に思っています。

おすすめは、何もしない時間と、一人でリラックスできる時間を作りましょう。
あまり予定を詰めすぎるのもおすすめしません。どこか休めるタイミングを意識的に作るようにすれば、かなり、改善されると思います。

□1−3.  芸術性が高い



ここまで、繊細さんは大変だと言ってきましたが、悪い事ばかりではありません。
もちろんメリットもあります。それは、芸術性に富んでいるという点です。

これは科学的にも証明されています。
ただ、そういう人が多いというだけで、全員が芸術家になれるといったわけではありません。
僕も大したことはできませんが、一応書道が得意です。

別の言い方をすると、クリエイティビティが高いです。
企画力や発想力に自信がある方もいるのではないでしょうか。もしかしたら自分でも知らなかった才能が開花されるかもしれませんね。

■ 2.  繊細な人ほど、要注意

□2−1.  HSP

障害



HSP
とはHighly Sensitive Personの略で、生まれつき刺激に敏感で、周りからの刺激を過度に受け取ってしまう人のことを指すそうです。

お恥ずかしながら今まで知りませんでした。
この記事のタイトルにもある『「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本 』のレビューに多くこの言葉が寄せられていたので知りました。

繊細さんと共通することが多いと感じました。気になるという方はHSP診断チェックというものがあるので、ネットで検索してみてください。

□2−2.  うつ予備軍



これは全員がそうではありませんので、勘違いしないでください。
以下僕の経験談になりますので、興味のない方は飛ばしてもらって結構です。

僕はこれまで自分というものがあまりなく、周りに流されやすいタイプでした。
高校までは、部活動に打ち込み、青春のようなキラキラしたことはありませんでしたが、それなりに充実していました。
大学に入り、特にやりたいこともなく、ふらふらしていました。それなりに友達もいてよく遊んでいました。
しかし、満たされることはなく、俗にいう無気力症候群というものになっていました。
いろんなことに注意が向いてしまうので、バカ騒ぐこともできないし、なかなか楽観的に物事を考えることができません。
こんな生活が続いていると、生きる活力や未来への希望などもなく、うつ状態になりました。

今はすごく前向きに生きているので大丈夫です。

もし、自分は繊細さんかもしれないと思ったら、または、上記の内容に当てはまる方は、うつ病についても、考えてみるのをおすすめします。
うつ病については別の記事で詳しく書きますが、これを克服できれば、人生イージーモードに突入します。

□2−3.  心を鍛える

Happy



繊細さんが生きやすくなるには、知識を増やすこと
が大切だと考えます。

こういう人もいるんだと、見解が広くなるので、とてもいいです。
また、並行して心も鍛えて欲しいです。
人よりも傷つきやすいので、自分に厳しくしすぎないように、時には甘やかしてあげてください。

筋トレのように、心も鍛えることができるので、瞑想をしたり、仏教を学んだり、本を読んだり、無理をしない楽な生き方を模索しましょう。



おすすめ本

・『「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さんの本」』 
   武田友紀 著


以上です。
ありがとうどざいました。