瞑想という成功方法【出家のススメ】

Meditation





瞑想の成功方法を知りたい方へ。
現在「瞑想」に興味がある、もしく「瞑想」はしているけど、ちゃんと出来ているのか不安。
あと、便利なツールとかあれば、ついでに知りたい。 

と考えていませんか?本記事では下記の内容を解説します。


■ もくじ

1.  「瞑想」の重要性
2.  出家する


この記事を書いている私は瞑想歴5ヶ月ほど
毎日取り組んでいますので記事の信頼性担保に繋がると思います。

 

■ 1.  「瞑想」の重要性

□1−1.  瞑想を取り入れている有名人や企業

企業



瞑想を取り入れている有名人・著名人を知っていますか?

・アップル創業者のスティーブ・ジョブス
・マイクロソフト社の創業者であるビル・ゲイツ
・京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者である稲盛和夫
・パナソニックの創業者である松下幸之助
・スポーツ界では、イチロー選手
・サッカー日本代表の長谷部誠選手

その他、経営者やハリウッドスター、俳優、アーティストなど、まだまだいるので紹介するのはここまでにします。

以下、瞑想を取り組んでいる企業です。

Google
Facebook
Intel
Apple
Microsoft

このように有名人から大企業まで、瞑想を取り組んでいます。今はもっと多くの方が瞑想を習慣として行なっているかと考えられます。「瞑想」をなんか宗教っぽいとか思ってないですか?とても素晴らしいことなんですよ。ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

 

□1−2.  瞑想が良いとされる科学的根拠

科学的根拠



瞑想の効果については、ここ数年でさまざまな研究成果が出ていて、代表的なのが「ストレスの解消」です。

世界でもっとも権威のある心理学団体といわれるアメリカ心理学会が、科学的に実証された本当に効くストレス解消法を推奨しています。

血圧を下げてストレスホルモンを減らし、ネガティブな感情も消してくれるのがすごい。
手軽なわりにストレス戦闘力が超高いので、ぜひ手持ちの武器に加えておきたいところです。

脳科学の面でも、瞑想にはストレス軽減のほか、痛みの緩和や、うつ病の再発率を下げる効果などがあると言われています。

他にも、集中力が上がるとか。カリスマになれる顔が穏やかになるなど、興味深いデータがたくさんあります。

 

□1−3.  簡単にできる瞑想方法

簡単



簡単にできる瞑想方法を紹介します。

「背中を曲げないようにして姿勢を正すこと」です。

守って欲しいのはこれだけです。
あと、形とかはなんでもいいです。
目は瞑っても開いてもどちらでもいいですし、坐禅を組んでもいいし、椅子の上でも構いません。すごく簡単ですよね。

理想の時間は20分〜30分と言われていたりしますが、短い時間でも十分に効果を得られると思っています。私自身も長くても10分でやっています。
はじめは5分、3分、いや本当に最初は1分からでもいいと思います。

どの時間帯にやるのかも自由です。私は朝と夜の2回やっています。
瞑想といっても、実は3種類あります。

・「観察瞑想」
・「集中瞑想」
・「マインドフルネス瞑想」

詳しくここでは説明しませんが、気になる方は調べてみてください。

 

■ 2.  出家する

□2−1.  仏教との関係

buddha




マインドフルネスはもともと仏教用語の「サティ」、つまり「特定の物事を心に留めておくこと」を意味します。
瞑想って、ブッダが開発した「心の筋トレ」みたいなものだと思うんですよ

あの時代にこれを開発したなんて凄すぎる!って思いますが。
身体を鍛えるのと同じで、心も鍛えていくと、心筋肉が発達して人間として成長していける」と思っています。

「ひとりの人間の心に相反するすべての人間性があり、心が何を選んだかによってその人の存在や生き方が決まる」という人間に対する見方は、仏教の「六道」や「十法界」という言葉に表れています。

また、仏教における「五蘊(ごうん)」という概念と、脳の認識過程との関係です。五蘊とは存在の基盤となる五つの要素のことで、「色(しき)、受(じゅ)、想(そう)、行(ぎょう)、識(しき)」からなり、「般若心経」にも出てきます。

仏教を学ぶことはストレスや悩みを解消してくれるかもしれません。
悟りを開くなんて言いますが、決して怪しいものではないですよ。(笑)

 

□2−2.  自然を感じよう

nature



みなさん、自然に触れる機会を持っていますか?
瞑想の効果を最大限発揮できるのが自然を感じることです。

先ほど紹介した「ストレス発散」にもなります。
心が穏やかになったり、癒されますよね。

都会で窮屈な生活を強いられていませんか?自然をなかなか感じられず、満員電車に揺れられ、お金もないなど、そんなことにも悩んでいるかもしれません。そんな人こそ、普段見ている景色をたまには変えて、リフレッシュしましょう。そのリフレッシュになるのが、自然を感じることです。

また、新しいアイデアなんかも浮かびやすいみたいですよ。
休日の際には、ドライブなど、お出かけしてみてはいかがでしょう。
最近はキャンプも流行っているし、旅行もしてみるのもいいですよね。

 

□2−3.  おすすめのツール

ツール



おすすめのスマホアプリや本などツールを紹介します。

TED動画

アンディー・プディコム 『必要なのは10分間の瞑想だけ』
マチュー リシャール 幸せの習慣


スマホアプリ

日本語でマインドフルネス瞑想の基礎を学べる「マインドフルネス」
瞑想アプリの大御所「Calm」
メントレ(メンタルトレーニング)




『サーチ・インサイド・ユアセルフ』 チャディー・メン・タン
『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』 草薙龍瞬
『思うままに夢がかなう 超瞑想法』 苫米地英人


これらは全て、瞑想についてわかりやすく解説してくれています。また、便利なスマホアプリもあるので、ぜひ活用してみてください。



以上です。
ありがとうございました。